2012/04/02 Rubyが国際規格 ISO/IEC 30170 として承認されたとのことで、少し勉強してみることにしました。

目次 Edit

Rubyのインストール Edit

基本的にはこちらのサイトを参考にしました。
インストーラは使用せずに、ダウンロードサイトから入手したzipを解凍して C:\Ruby にインストールする手順を以下にまとめます。

  1. http://rubyinstaller.org/ の Download から 7-Zip Archives の Ruby 1.9.3-p125 をクリックしてダウンロードを開始します。
  2. ダウンロードした ruby-1.9.3-p125-i386-mingw32.7z を C:\Ruby に展開します。(7zについてはこちら)
  3. 環境変数 Path を編集して、 C:\Ruby\bin にパスを通します。
  4. Rubyがちゃんとイントールされているかを確認します。
    コマンドプロンプトを開き、
    ruby -v
    と入力してEnter
    ruby 1.9.3p125 (2012-02-16) [i386-mingw32]
    と表示されれば、無事インストール完了です。
    おつかれさまでした。

HelloWorld Edit

毎度おなじみHelloWorld

  1. 作業フォルダは D:\projects\RubyStudy\HelloWorld とします。
  2. 上記フォルダ内に HelloWorld.rb ファイルを新規作成します。
  3. HelloWorld.rb をテキストエディタで開き、以下のように編集します。いくつかの方法で"Hello World!"という文字列を出力するコードです。
    (文字コードはSJISでもUTF-8でも問題なさそうです。今回はUTF-8 BOMなしで行いました)
    print "1 Hello World!"			# 普通に出力。printは改行なし
    print "2 Hello World!\n"		# 改行あり
    print '3 Hello World!\n'		# シングルクォートの場合、特殊文字は展開されない
    print( "4 Hello World!\n" )		# メソッドのカッコは省略可能
    print '5 Hello', ' World!', "\n"	# カンマ区切りで文字列連結
    
    puts "6 Hello World!"			# putsは改行ありのprint
  4. コマンドプロンプトを立ち上げます。(Win+Rのファイル名を指定して実行で cmd を入力するのが便利です)
  5. まず作業フォルダに移動します。
    cd /d D:\projects\RubyStudy\HelloWorld
  6. HellowWorld.rb を実行します。
    ruby HelloWorld.rb
  7. 無事実行されれば、実行結果が表示されます。
    1 Hello World!2 Hello World!
    3 Hello World!\n4 Hello World!
    5 Hello World!
    6 Hello World!

基礎 Edit

コメント Edit

  • 1行コメント。その行の以降のコードが無効化(コメントアウト)されます。
    # これで1行コメントになります。
  • コメントブロック。複数行にわたってコメントを記述したい場合はこちらを使用します。
    =begin
     この間に記述されたコードは
     コメントアウトされます。
    =end

変数 Edit

変数の定義方法は簡単です。
整数だと

x = 10

文字列だと

x = "mojiretu"

小数点だと

x = 3.14

特に難しいことはなさそうです。
変数名のルールは以下のようになっているので覚えておいてください。

  • 小文字もしくは_から始まること
  • 予約後は使用不可(例えばpとかifとか)

定数 Edit

値の変動しない変数を、定数として定義できます。

TEISUU = 10

こんな感じです。
定数名のルールは以下のような感じです。

  • 全て大文字

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-04-04 (水) 00:45:07 (1907d)