Top > サーバー > WordPressの構築

2012/10/28更新

WordPressの構築 Edit

CORESERVER上にWordPressを構築する手順です。
他のレンタルサーバー等でも大体一緒だと思います。
WordPressのバージョンは 2012/10/25 時点での最新 3.4.2 を使用します。

動作環境 Edit

WordPress を設置するには PHP・MySQL が使えるサーバが必要です。

本体のダウンロード Edit

  1. 公式サイトから、本体をダウンロードします。
    .zipと.tar.gz形式のどちらかが選択できます。
    今回は.tar.gz形式でダウンロードし、サーバー側で解凍することにします。
    wordpress01.PNG

データベースの作成 Edit

WordPressを構築するには、データベース(MySQL)が必要です。
以下はCORESERVERでのMySQLデータベース作成方法です。

  1. CORESERVER管理画面>データベース から、データベースを作成します。
    wordpress02.PNG
    1. 「選択」をチェックします。
    2. 「DB/ユーザー名」にデータベース名を入力します。
      「(コアサーバーのユーザー名)_(入力した名前)」が、フルネームになります。
      このユーザ名と後述のパスワードは後で必要になるので控えておきましょう。
    3. 「パスワード」にデータベースアクセス用のパスワードを入力します。
      アカウントのパスワードとは別なので、好きなパスワードを入力してください。
    4. 「文字コード」はUNICODEを選択します。
    5. 「メモ」は何を記入してもかまいません。ただのメモです。
      後で見た時にどのサイトのデータベースかわかるよう、サイト名やドメイン名を入れておくと良いと思います。

サーバーにインストール Edit

先程ダウンロードしたWordPressをサーバーにインストールします。

  1. FFFTPなどのFTPソフトを使用し、「/wordpress-3.4.2-ja.tar.gz」を適当な場所にアップロードします。
    ここではアップロード場所は/virtual/user/tmp/ として説明します。
  2. シェルを立ち上げます。
    SSHで接続し、シェルを立ち上げる方法はこちらを参照してください。
  3. アップしたディレクトリに移動します
    $cd /virtual/user/tmp/
  4. tar.gzで圧縮されているので、解凍します。
    $tar zxvf wordpress-2.9.1-ja.tar.gz
    うまく解凍されると「wordpress」というフォルダが出来あがります。
  5. wp-config.phpを作成します。 wp-config.phpというファイルに基本設定を記述します。
    wp-config.php はデフォルトでは存在しないので、サンプルとなるファイルからwp-config.phpを作成します。
    以下のコマンドでwp-config-sample.phpと内容が全く同じwp-config.phpを作成します。
    $cd wordpress/
    $cp wp-config-sample.php wp-config.php
  6. wp-config.phpを作成したら、viもしくはFTPで持ってくるかして、中身を編集します。
    とりあえず編集する箇所は3箇所です。
    /** WordPress のデータベース名 */
    define('DB_NAME', 'user_hoge');
    
    /** MySQL のユーザー名 */
    define('DB_USER', 'user_hoge');
    
    /** MySQL のパスワード */
    define('DB_PASSWORD', 'pass');
    データベース作成時のデータベース名とパスワードを入力します。
    DB_NAMEとDB_USERは同じで大丈夫です。
  7. wordpressフォルダの中身を、ドメインのフォルダに全て移動してください。
    $mv ./* /virtual/(ユーザー名)/public_html/(ドメインルート)/

自動アップデートとプラグインの為の設定 Edit

CORESERVERはPHPがセーフモードで実行されるため、WordPressの自動アップデートやプラグインのインストールなどを実行すると、次のようなエラーが出ます。

Warning: touch() [function.touch]: SAFE MODE Restriction in effect...

そこで、PHPファイルをCGI モードで実行することでエラーを回避します。
アップデートで使用するPHPファイルはupload.php, update.php, update-core.php、プラグインのインストールで使用するファイルはplugin-install.phpなので、

/virtual/user/public_html/domain/wp-admin/.htaccess
に以下を追記します。

viで編集。無ければ作成する

$vi .htaccess

こんな感じで追記

<Files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi php
</Files>
<Files upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi php
</Files>
<Files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi php
</Files>
<Files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi php
</Files>
<Files plugin-install.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi php
</Files>

一時ファイルを保存するフォルダが必要な場合があるので、以下の手順で一時フォルダを作成し、指定します。

  1. 一時フォルダを作成(tmpなど)。
  2. パーミッションを 707 にします。
  3. wp-config.php に次の一行を追記します。
    define ('WP_TEMP_DIR','作成した一時フォルダの絶対パス');

WordPressにアクセス Edit

以上でインストールは終わりです。
ドメインのurlにアクセスすれば、WordPressの初期設定画面が表示されるはずです。

http://(ドメイン)/

以上です。おつかれさまでした。


添付ファイル: filewordpress01.PNG 403件 [詳細] filewordpress02.PNG 547件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-24 (水) 01:53:33 (1399d)