Top > サーバー > ServersMan@VPS > SSLの設定

サーバー管理初心者がServersMan@VPSサーバーでhttps(SSL通信)アクセスに成功するまでの軌跡。

このページは書きかけです
ここで解説するServersMan@VPSのIPアドレスは仮に 127.0.0.1 とする。

とりあえずrootになる Edit

$su
パスワード:*******

httpsは443ポートを使うので、443ポートを開けておく Edit

$vi /etc/httpd/conf.d/ssl.conf

Listen 443 のとこのコメントをこんな感じに↓外す。

#
# When we also provide SSL we have to listen to the
# the HTTPS port in addition.
#
Listen 443

*viの操作メモ
「i」で挿入編集
「Esc」で編集モードから戻る
「:w」で上書き保存
「:q!」で編集を破棄して終了する
「:wq」で上書き保存して終了する

httpd.conf Edit

VirtualHostを設定する。
https(443ポート)へのアクセスがあった場合の処理を書く。

$vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
NameVirtualHost *:443
<VirtualHost *:443>
    SSLCertificateFile    /etc/pki/tls/certs/server.crt
    SSLCertificateKeyFile /etc/pki/tls/certs/server.key
    ServerAdmin           hoge@hogedomain.com   # 管理者の連絡先メールアドレス
#   ServerName            127.0.0.1:443         # 要らない?コメントアウトしても大丈夫だった
    SSLEngine             on                    # SSLを有効にする
    DocumentRoot          /var/www/html/sslroot # ここがルートになって動く
</VirtualHost>

httpdを再起動 Edit

$/etc/init.d/httpd restart
httpd を停止中:                                            [  OK  ]
httpd を起動中: Apache/2.2.3 mod_ssl/2.2.3 (Pass Phrase Dialog)
Some of your private key files are encrypted for security reasons.
In order to read them you have to provide the pass phrases.

Server localhost.localdomain:443 (RSA)
Enter pass phrase:*******

秘密鍵のパスワードを入力

OK: Pass Phrase Dialog successful.
                                                           [  OK  ]

いざhttpsでアクセスしてみる Edit

ブラウザでhttpsアクセスしてみる。(サーバーIPが127.0.0.1と仮定)

https://127.0.0.1/

httpd.conf の DocumentRoot で指定した /var/www/html/sslroot 内のindex.html辺りが表示されれば成功。


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-24 (木) 00:47:47 (2366d)