Top > サーバー > サーバーTips

サーバー情報 Edit

  • レンタルサーバー(CORE SERVER)を使用
  • ソフトウェアのバージョン
    Apache1.3.37
    Perl5.8.8
    PHP5.2.5
    RUBY1.8.5
    MySQL5.1.22-rc
    PostgreSQL8.2.4
    Python2.4.3
    SQLite33.3.7
    SQLite2.8.17

SSH接続 Edit

  • TortoiseSVNの設定を変更
    • 設定>ネットワーク>SSHクライアントに D:\Program Files\putty-0.60-JP_Y-2007-08-06\plinkw.exe」を設定
  • 鍵の生成
    • puttygen.exe を起動
    • 「生成」をクリックしてマウス適当に動かして鍵を生成。マウスの動きで鍵が生成される。
    • 「鍵のパスフレーズ」にパスワードを指定。 これは後でこの秘密鍵を使用してログインする際のパスワードとして使用する。 アカウントのパスワードなどとは全く別物。 例:password
    • 「パスフレーズの確認」パスフレーズの確認用再入力。 例:password
    • 「公開鍵の保存」をクリック。 「id_rsa.pub」というファイルで保存する。(名前は何でも良い)
    • 「秘密鍵の保存」をクリック。 「id_rsa.ppk」というファイルで保存する。(名前は何でも良い)
    • 参考。PuTTY で鍵交換方式による SSH 接続 http://www.kuins.kyoto-u.ac.jp/news/47/putty-gen.html
  • 公開鍵をサーバーにアップ
    • 上記で保存したid_rsa.pubをFTPなどを使用してサーバーにアップする。
    • ここではPuTTYフォルダにあるpscp.exeを使用してサーバーにコピーする。
    • コマンドプロンプトを立ち上げ、こんな感じで実行。 userはユーザー名でhoge.server.comはサーバー名。
    • C:\>"D:\Program Files\putty-0.60-JP_Y-2007-08-06\pscp.exe" D:\PuTTY_KEY\id_rsa.pub user@hoge.server.com:id_rsa.pub
    • 接続できれば、パスワードを聞かれるのでパスワードを入力。 入力経過は表示されないので注意。 ここのパスワードはサーバーアクセス用のパスワード。
    • user@hoge.server.com's password:
    • Enterキーを押し、成功すれば下記のようなメッセージが出てサーバーへのコピー完了
    • id_rsa.pub | 0 kB | 0.3 kB/s | ETA: 00:00:00 | 100%
  • サーバーにログインして公開鍵を登録
    • サーバーにログイン
    • 先程アップした id_rsa.pub を変換する
    • 「%ssh-keygen -i -f id_rsa.pub >> authorized_keys」
    • authorized_keysのパーミッションを 600にする。「%chmod 600 authorized_keys」
    • 「.ssh」フォルダが無い場合「$mkdir .ssh」で.sshフォルダを作る。
    • 「.ssh」フォルダのパーミッションを 700にする。「%chmod 700 .ssh」
    • すでに.ssh/authorized_keys がある場合は、authorized_keysの内容を.ssh/authorized_keysに追記する。
    • 初めてauthorized_keysを追加する場合は
    • 「%mv authorized_keys .ssh/」でファイルを移動させる。
    • id_rsa.pubはもう使わないので削除しておく。 「%rm id_rsa.pub」
  • PuTTYの設定と実行
    • putty.exe を起動
    • 「ホスト名」に接続先を指定。 例:hoge.server.com
    • 「セッション一覧」 にセッション名を適当に決めて指定。 例:hogeserver
    • 接続>SSH>認証>認証のためのプライベートキーファイル に
    • 「秘密鍵の保存」で保存した 「id_rsa.ppk」ファイルを指定。
    • ウィンドウ>フォント>フォントの設定 変更ボタンをクリックして、MSゴシックにして、文字セットを日本語に変更。
    • 「セッション」に戻って、「保存」をクリック。これまでの設定が保存される。
    • 保存したセッションをダブルクリックしてセッション接続を開始する。
  • 上記に続く、PuTTYの操作
    • 「login as:」にユーザ名を入力。例:user
    • 「Server refused our key user@hoge.server.com's password:」 に、puttygen.exeで鍵生成時に入力したパスフレーズを入力。 例:password
  • SSHによるログイン完了

macでSSH接続 Edit

  1. ターミナルを起動
    $ ssh (ユーザ名)@(サーバーのIPアドレス) -p (ポート)

PuTTY Edit

plink.exeのオプション Edit

PuTTY Link: command-line connection utility without console window
 Release 0.60-JP_Y-2007-08-06
 Usage: plinkw [options] [user@]host [command]
       ("host" can also be a PuTTY saved session name)
Options:
  -V        print version information and exit
  -pgpfp    print PGP key fingerprints and exit
  -v        show verbose messages
  -load sessname  Load settings from saved session
  -ssh -telnet -rlogin -raw
            force use of a particular protocol
  -P port   connect to specified port
  -l user   connect with specified username
  -batch    disable all interactive prompts
The following options only apply to SSH connections:
  -pw passw login with specified password
  -D [listen-IP:]listen-port
            Dynamic SOCKS-based port forwarding
  -L [listen-IP:]listen-port:host:port
            Forward local port to remote address
  -R [listen-IP:]listen-port:host:port
            Forward remote port to local address
  -X -x     enable / disable X11 forwarding
  -A -a     enable / disable agent forwarding
  -t -T     enable / disable pty allocation
  -1 -2     force use of particular protocol version
  -4 -6     force use of IPv4 or IPv6
  -C        enable compression
  -i key    private key file for authentication
  -noagent  disable use of Pageant
  -agent    enable use of Pageant
  -m file   read remote command(s) from file
  -s        remote command is an SSH subsystem (SSH-2 only)
  -N        don't start a shell/command (SSH-2 only)
  -nc host:port
            open tunnel in place of session (SSH-2 only)

Subversion関連 Edit

Wordpressの構築 Edit

crontabの使い方 Edit

crontabを使うと一定時間毎に自動でスクリプトを実行できます。
coreserverでは、crontabコマンドが使えないので注意してください。(登録できてもすぐ削除されてしまうようです)

以下crontab登録までの流れです。
デフォルトのエディタは保存の仕方がわからなかったので、vimエディタに変更します。

$export EDITOR="/usr/bin/vim"


crontabを編集モードで立ち上げて、新しい命令を追加します。

MAILTO=""
*/10 * * * * /home/username/script/hogehoge.sh


MAILTOはcronジョブの情報を送るメール先だと思います多分。
2行目が実行したい処理です。
上記の例だと、10分おきにhogehoge.shを実行します。

アクセス規制 Edit

トラブルシューティング Edit

pukiwikiのページ読み込み時に下記Warningがたまに出る場合の対処方法 Edit

Warning: file() [function.file]: Unable to access cache/entities.dat in /virtual/hoge/public_html/hogehoge.com/lib/init.php on line 422

Warning: file(cache/entities.dat) [function.file]: failed to open stream: No such file or directory in /virtual/hoge/public_html/hogehoge.com/lib/init.php on line 422

Warning: join() [function.join]: Invalid arguments passed in /virtual/hoge/public_html/hogehoge.com/lib/init.php on line 422

cache ディレクトリに entities.dat という空のファイルを作成すれば解決する。
*CORESERVERのサーバー障害が起きた後になぜか発生するようになった。

その他 Edit

ServersMan@VPS Edit


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-21 (月) 11:34:43 (427d)